ハラスメントとの戦い

~受け流すのが一番の解決方法~

辞める決断をする前に

女性も男性と同様に社会進出をしている時代だからこそ、女性社員からのパワハラに悩んでいる人が急増しています。
特に、女性の場合は男性とは違い、感情的になって叱りつけてしまう人が多い傾向にあります。そのため、その感情の波をどうやって察知すれば良いのかを考えている内に、正しい仕事のやり方がわからなくなり、気が付けば上司の顔色ばかりをうかがう人になってしまうケースもあります。ですが、そんな事を繰り返してばかりいると、肉体的にも精神的にも辛くなってしまい、体調を崩してしまう可能性があるので注意が必要です。

そこで大切なのが、同じように上司からのパワハラに悩んでいる人が居ないかどうかというのを、さりげなくチェックするという事です。同じように顔色を伺って仕事をしている人が居たら、思い切って声をかけてみましょう。被害を受けている人がまとまって人事部に相談し、改善できないかどうかというのを一度働きかけてみて下さい。被害者が複数いるのであれば、人事部も比較的行動をしてくれて、上司への注意や、職場環境をこまめにチェックしてくれるようになるでしょう。
また、必要に応じて部署の転換などを訴えれば、OKしてくれる可能性もあります。パワハラが酷い場合、仕事を辞めたくなってしまう時もありますが、先ずは自分が出来る事を最低限やってから、辞めるという判断をするようにしましょう。自分だけが泣きを見ずに、相手に相応の罰を与えることも、場合によっては可能なのです。
そのためにはどのような対処をすれば良いのかは、パワハラに負けないで!というサイトが参考になります。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>