ハラスメントとの戦い

~受け流すのが一番の解決方法~

気にしないのが一番の対応方法

せっかく良い会社に入ったとしても、職場内の環境が悪ければ、次第に通うのが嫌になってしまいます。
特に、パワハラやセクハラなどのいじめに遭ってしまうと、その思いはさらにエスカレートしてしまう事でしょう。近年、女性の上司によるパワハラが増えており、それが原因で辞めざるを得ないような状況にまで追い込まれてしまう女性社員が増えています。
そんな理不尽ないじめのターゲットにされてしまった場合、どのようにして対処をすれば良いのでしょうか。

一番良いのは、何を言われても気にしないで、さらりと受け流すという事です。相手は、機嫌が悪くなったり自分の都合が悪くなったりすると、直ぐに自分の立場を利用して言葉の暴力をふるうだけです。そんなことを気にする方が無駄でしょう。
ですが、実際には頭ではそうわかっていても、なかなか気にしないでいるというのは辛いものがあります。ですので、自分自身で上手にセルフコントロールをするのがおすすめの方法です。
女性の上司が相手の場合、何かを言われる度に心が傷つき、心身ともにぐったりとしてしまうのには言葉の受け取り方が問題なんです。例えば「あなたは何をやってもダメね!」と言われたとしたら、自分自身の人格を否定するのではなく、仕事のやり方がダメなんだと、前向きに受け取ってみましょう。人格が否定されたわけではないと気持ちを切り替えるだけでも、少し心が落ち着くはずです。
しかし、あまりにもパワハラが酷いようなら、一度人事部や上司より上の管理職の人などに相談をするのが良いでしょう。