ハラスメントとの戦い

~受け流すのが一番の解決方法~

人材育成のために厳しくすることもある

上司から理不尽な指示や要求を出されたり、大声で怒鳴られたり嫌がらせを受けたり、といったことがパワハラとして問題化しています。
セクハラと同様、これは受ける側の心理状態にもよるので、個別のケースで判断されるようです。一般的には、職務上の地位を利用した一方的な価値観の押しつけや、過剰な叱咤はグレーゾーンからブラックゾーンに入るようです。
特に、感情を表に出して怒る、他の人の面前で部下を侮辱するような発言や態度をとることはアウトと判断されています。
企業イメージを見る目が厳しくなっている昨今、社会問題化しやすいハラスメントには注意が必要だといえます。しかし、職場によっては、この手の叱咤激励が必要不可欠な場合もあります。

職人の世界では、怒鳴られてナンボ、というのが常識になっているそうです。親方から毎日厳しく鍛えてもらうことで、一人前の職人に育つという世界も現実には存在します。むしろ、昔は普通の会社でもこの方法で上司が部下に仕事を教えるのがごく当たり前でした。部下も、上司から怒鳴られながら仕事を教わることに感謝するのが普通でした。
その場合は、大事な部下を育てるという一種の愛情が上司にありました。仕事のため、会社のため、本気で部下を叱り育てるという昭和の上司が日本中にいたのです。そこが、平成のパワハラ上司とはちょっと違うところかもしれません。
いろんな上司の中には、今では希少な昭和タイプの上司がまだいるかもしれません。もしそんな上司がいたら、パワハラとは少し区別してあげたらいかがでしょうか。人は怒られて成長することもあるのです。

聞き流すスキルを身に付けよう

どこの会社でも、ちょっとしたいじめや人間関係の悩みというのはある事です。ですが、上司からのパワハラの場合は、流石にどう対処したら良いのかわからなくなることがあります。
特に、部署内やチーム内に女性が多いような環境の場合、女性上司が誰かをターゲットにして毎日のようにイヤミや暴言を吐くような事はしょっちゅうある事なのだそうです。そんな職場で、毎回毎回女性上司の言う言葉を真に受けていては、それこそ精神的な病気にかかってしまいます。そんな女性上司から理不尽なパワハラを受けてしまったら、どのようにして対処をすれば良いのでしょうか。

そんな時は、自分に自信を持って、上司の暴言をサラリとかわしてしまいましょう。最初の内は何か言われる度に、また怒られてしまったらどうしようと、上司の顔色をうかがいながら仕事をすることもあるでしょう。ですが、相手の顔色をうかがいながらの仕事では効率が悪く、納期に間に合わなくなってしまい、また怒られてしまう可能性があります。
ですので、相手の言う事を通り雨のようなものだと思って、適当に聞き流すことが一番の対処方法なのです。そうする事で、自分の仕事に支障をきたす事なく、どうでも良い事に体力を使う事もありません。自分の仕事に集中することができるので、業務に影響するという事はありません。また、何を言われても気にしないという態度を崩さなければ、そのうちに女性上司が飽きて、何かとガミガミ言うのをやめる可能性もあるんですよ。