ハラスメントとの戦い

~受け流すのが一番の解決方法~

パワーハラスメントとは

上司は自分の評価をしてくれます。そのため、心証を悪くすると査定に影響が出て、出世できなくなったり給料が上がらなくなったりする可能性があります。
そのため、上司から言われた仕事は、査定が悪くなることを恐れて一生懸命やるのが一般的です。仕事に関する上司の指示などが、通常業務の範囲を逸脱していなければなんの問題もないでしょう。
しかし、場合によっては、その上司が立場を利用して無理難題を言ってくることがあるかもしれません。こうなると、上司の行為はパワハラになるでしょう。無理難題は、仕事に関することはもちろん、プライベートでの付き合いを強要するなどの仕事以外も含まれると言われています。
要するに、上司からの要求を断ると自分にとって不利になるため「ノー」と言えないという状況を利用するとパワハラになるということです。

パワハラはパワーハラスメントの略で、パワーは権力、権限を意味しています。会社の中にはたくさんの種類のハラスメントが存在していて、セクハラ、マタハラなどが問題になっています。このパワーハラスメントも、問題の大きさとしては変わりないでしょう。パワーハラスメントは、それ単独で行われることも多いですが、「ノー」と言えないことをいいことにセクハラをするなど、他のハラスメントとセットで行われるケースもあるようです。
会社で働くようになった場合は、こういったハラスメントを受けたら相談すべき窓口に早く相談することが大切です。また、もし自分が権力を持った場合、ハラスメントをする側にならないように注意をする必要もあるでしょう。