ハラスメントとの戦い

~受け流すのが一番の解決方法~

人材育成のために厳しくすることもある

上司から理不尽な指示や要求を出されたり、大声で怒鳴られたり嫌がらせを受けたり、といったことがパワハラとして問題化しています。
セクハラと同様、これは受ける側の心理状態にもよるので、個別のケースで判断されるようです。一般的には、職務上の地位を利用した一方的な価値観の押しつけや、過剰な叱咤はグレーゾーンからブラックゾーンに入るようです。
特に、感情を表に出して怒る、他の人の面前で部下を侮辱するような発言や態度をとることはアウトと判断されています。
企業イメージを見る目が厳しくなっている昨今、社会問題化しやすいハラスメントには注意が必要だといえます。しかし、職場によっては、この手の叱咤激励が必要不可欠な場合もあります。

職人の世界では、怒鳴られてナンボ、というのが常識になっているそうです。親方から毎日厳しく鍛えてもらうことで、一人前の職人に育つという世界も現実には存在します。むしろ、昔は普通の会社でもこの方法で上司が部下に仕事を教えるのがごく当たり前でした。部下も、上司から怒鳴られながら仕事を教わることに感謝するのが普通でした。
その場合は、大事な部下を育てるという一種の愛情が上司にありました。仕事のため、会社のため、本気で部下を叱り育てるという昭和の上司が日本中にいたのです。そこが、平成のパワハラ上司とはちょっと違うところかもしれません。
いろんな上司の中には、今では希少な昭和タイプの上司がまだいるかもしれません。もしそんな上司がいたら、パワハラとは少し区別してあげたらいかがでしょうか。人は怒られて成長することもあるのです。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>